手づくりはんこのメリットデメリット

はんこを購入することを考えている人は、機械が彫ったハンコか手彫りの職人さんが彫ったハンコか悩むでしょう。はんこが手彫りのメリットは様々あります。手彫りのはんこのメリットとデメリットについて説明します。

まず手彫りの実印のメリットは職人が手作業で作ることにより、はんこ自体が一つの作品のような美しいものに仕上がることです。また印影が完全にオリジナルになることによって、安全性の面でも安心することができます。

ハンコ押した後それ以外にもはんこを手彫りしてもらうメリットはあり、印影のイメージなどをリクエストできることです。それによって世界に一つだけの自分だけのはんこを作ることだけではなく、お気に入りのデザインや文字に意味のこもったハンコになるでしょう。

はんこを手彫りしてもらうことのデメリットとしては時間がかかることと、お金がかかることです。手彫りしてもらうこということはどうしても時間がかかります。そのため急いでいる人や、なるべく早くはんこが必要な人には向いていないと言えるでしょう。また機械がはんこを大量生産できるのに対して、職人のはんこは一つひとつ作られるためにどうしても金銭面で見ると機械製のはんこのほうが優秀といえるでしょう。

しかしながらはんこを購入する際には安全性の面や、今後使うことや長い間使うことを考慮しても手づくりのはんこにすることをお勧めします。